talking about …

by tango

au (KDDI) 版の iPhone 4s を 発売日に購入してしばらくたちます。僕の美学(笑)にはそぐわないので、ケースやフィルムみたいなものは使っていません。この iPhone をすでに何度かコンクリ床やフローリング床に落としてしまっていますが、今までは致命的なダメージは受けずに済んでいました。

でも今回ついにやってしまいました (;_;) 。バックパネルのガラスが見事にひび割れています。割れたのが裏側だったのがせめてもの救い、もしくは不幸中の幸いといったところでしょうか。

そろそろ、 iPhone 5 の噂も聞こえてきていますが、まだしばらくはコレを使うつもりでおりますので、修理の可能性を調べてみました。

まずは、正規ルートでアップルストア (Apple Store) に出した場合、代替え品交換で 17,800円 という情報が見つかります。基本的に修理ではなく全交換ということらしいです。
他にもいくつかの非正規の修理業者で修理を請けているのを見つけました。でもこれらの業者の部品は純正ではなく中国製(正規版もほぼ中国製ですが…)の模造品のようです。価格は上記の全交換から比べたら大幅に安い金額が提示されています。

これらのバックパネルは部品としても流通しているようで、専用星型ドライバー込で、1,500円程度からみつかります。ただ品物の品質はまちまちのようです。
バックパネルの交換作業は、かなり簡単な部類なようですので、一度はこのあたりの安い部品を入手して自分で交換しようかと考えました。製品保証が切れてしまうのは承知の上です。当然ですが、上記非正規の修理業者を頼った場合も製品保証は切れることになります。

さらに色々検索をしていったところ、ちょっと日付が古いのですが iPhone 4 (1世代前の機種)のバックパネルをアップルストアで交換したという情報がいくつかみつかりました。アップル (Apple) は、こういう対応についてポリシーを変えることが多いので、4s についての情報がないか、さらに探ります。非正規修理業者や部品販売業者のノイズを除外しまくってようやく 4s を交換した人の情報がみつかりました。4s でも、バックパネルとバッテリーの交換については、アップルストアのジーニアスバー (Genius Bar) で対応されるようです。バックパネルは、2,800円とのこと。早速翌日のアップルストア渋谷のジーニアスバーに予約をとりました。
その後、ガラスが飛び散って危なそうなので、初めてこの iPhone にフィルムを貼りました。15年以上前に Parm Pilot 用に買っておいたフィルムが役に立ちました。

予約した時間にアップルストア渋谷2階のジーニアスバーへ行き、落としてバックパネルのガラスが割れたので交換したいと申し出ました。「有償修理で 2,800円かかりますがよろしいですか?交換作業は10分ほどかかります。」と、青いユニフォームTシャツのジーニアス君。というわけでそのままお願いして、シリアル番号を控えられ、そのシリアル番号からキャリアとの契約名義の一致の確認を求められたあと、バックヤードに消えて行きました。その後10分程で、バックパネルを交換された私の iPhone が戻って来ました。

余計なことを長く書きましたが、検索用に要点だけもう一回書いておきます。

iPhone 4s のバックパネルは、アップルストア (Apple Store) の店頭のジーニアスバー (Genius Bar) で即日交換できます。料金は 2,800円です。おそらく市中の非正規の修理業者を頼るよりも安く上がります。

COPYRIGHT (c) 2006-2016 ZERO OFFICE CO., LTD. | Powered by WordPress

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.