talking about …

by tango

まとめ書きじゃ日記にはならんよなぁ…。まあとりあえず。

土曜日
妻の参加しているカンボジアの舞踊のグループの新年会が夕方からある。今回は僕も荷物運びを兼ねて参加することにしているので、水泳は午前中に行く事にした。

昼の少し前に入って2時間くらい。午前中は近所の高校生と思われるグループがバンバンまわっていたけど、12時を過ぎると皆さん昼食で引き揚げるのかすっかり空いてしまった。このプール、というか、世田谷区の運営している公共のプールはこの時期は2時間分の料金で時間制限無しで終日泳ぎ放題となる。ただ館内では飲食禁止になっているので、さすがに終日いる人はいないのではないかと思う。
いつもは1時間券を買って退場時に超過料金を払うのだけど、今回は最初から2時間券を買って入った。クロールは少しずつよくなって来ている様には思うのだけど、平泳ぎのフォームがおかしくなって来ている様に感じる。自分の泳ぎを動画で見るのがおそらく一番参考になると思うのだけど、ここを含めて大抵の公営プールはカメラのたぐいは持ち込み禁止で、もちろん撮影も禁止されている。どうもこのままではどんどんおかしくなってしまう気がするので、来月から丁度このプールでスクールが始まるのでこれにまた参加して、ちゃんと見てもらおう。

昼食後、一足早く家を出て、恵比寿の事務所にて雑作業。

夕方、新年会の会場の飯田橋のゲストハウスに向けて出発。ゲストハウスという所にはあまり馴染みが無かったのだけど、簡単に言うと長期滞在者向けの簡易宿泊施設といった感じだろうか。当初は外国人のバックパッカー向けだったのだとは思うのだけど、最近は長期滞在の日本人の割合が増えているらしい。家賃を聞いたら安いのか高いのかよくわからない。ホテルや旅館に泊まるよりは当然安いけど、まだ残っていればだけど中野辺りの3畳一間のアパートと競るのかな?最近の派遣からみのニュース番組で見たけど、インターネットカフェに住み着いている(私物を持ち込んでの定住)人もいるらしい。これらくらべるとどうなんだろう?
遅れて現れて先に去って行ったガタイの良い某K察関係の人は、某サティアンを思い出したなどと言っていた。

カンボジア人の先生(日本人と結婚されているので、両方に国籍がある)は、10ヶ月ぶりくらいに日本に帰って来たらしい。僕が会うのは2年ぶりくらいか。またすぐにカンボジアに帰るとの事らしい。カンボジア舞踊の方は、またしばらく先生無しで、最古参のうちの妻がリードして行くらしい。よくわからないが、大丈夫…なのか?…まあ大丈夫なのだろう。
曰く、あちらに家を建てたのと、物価の違いで、あちらに住んでいる方がよいらしい。
旦那は仕事の事もあり、こちらに居残りらしいが、こちらもまあ多分大丈夫なのだろう。
そういえばこの先生、僕と初対面の時、「你好(ニイハオ)」と挨拶してくれた。僕は、香港の人なのだそうだ。

初期からのメンバーの某氏が、仕事(大企業)を辞めてカンボジア(および周辺国のどこか)に移住する事にしたらしい。僕よりも少し年上なんだけど、独身なので身軽なのだろう。親兄弟からは特に反対はされていないらしい。落ちついたらむこうで商売を始めるとの事。暫くは動向が気になるなあ。何か絡んで面白い事が出来ると良いなあ。

いろいろ足がかりが出来たら、一度は遊びに行って見るのも良いね。先生の家に行けば、牛の丸焼きで歓迎してくれるらしい。牛と聞いてびっくりしたが、仔牛らしい。というか仔牛でもすごすぎないか?? 出張料理人が来ていろいろやってくれるらしいが、とても食べきれる物ではなかったと、経験者の前出の某氏が言っていた。近所の人がたくさん集まって来たけど、それでも食べきれなかったとの事。

この会、と言うかこの先生の廻りに集まる人は変わり者(失礼)が多いので、話が盛り上がるといろいろ面白い。
年度末に多分某氏の送別会をやるとの事なので、また同伴させてもらうつもり。

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

COPYRIGHT (c) 2006-2016 ZERO OFFICE CO., LTD. | Powered by WordPress

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.