talking about …

by tango

塔ノ岳

_IGP1532_IGP1539_IGP1627

toumap土曜日は天気が良さそうだったので早起きして以前から行ってみたかった表丹沢の方へ行って来ました。
当初は戸川林道を戸沢まで車で入り、天神尾根から大倉尾根にとりついてショートコースを目論んでいたのですが、ちょっと検索して調べてみると私の車の地上高ではちょっときびしそうです。
林道自体は大丈夫そうですが、駐車スペースとなっている河原へのアプローチで亀になりそうな感じです。
ヤビツからの表尾根ルートもありますが、まだ鎖場などは出来るだけ避けたいので、今回は大倉からの尾根道を選択しました。
このルートはバカ尾根と悪口を言われたりするようですが、ほんとうに往路は延々と長い登りが続き復路は当然ながら長い下りが延々と続きます。
登りは長く標高差も1200mありますのでそれなりにキツイですが今回は下りの方が厳しかったですね。翌日から夫婦揃って全身筋肉痛で大変な事になっています。
でも丹沢もこの辺りまで入ると結構山深いですね。そうそう、塔の岳の山頂附近のやせ尾根では野生の鹿に遭遇しました。
餌場のせいなのか人馴れしてしまっているのかこんなに人通りの多い所まで出て来るんですね。

_IGP1578_IGP1713_IGP1750

プチ登山など

金時神社登山口金時山 - 乙女峠乙女登山口

先月末は伊勢原の大山、今月の連休には箱根の金時山に日帰りで登ってきました。山らしい山に登るのは、20年ぶり、富士登山以来です。共に、ガイドブック等では初心者向きとうたわれています。

両日ともあいにくと天候には恵まれず、眺望は楽しめませんでしたが、雨に降られなかっただけでも良かったのかな。

大山は、階段だらけ、デカい石ごろごろで、結構な急斜面でした。半袖短パンの軽装にスニーカーでしたので、下山時に弱点の左くるぶしを痛めない様に気を遣いました。その時は気にもしていませんでしたが、この辺りはヒルが多いようで、まったく咬まれなかったのはラッキーだったのでしょうかね。鹿のフンを見かけたりもしましたので、ヒルは間違いなく生息していそうです。

金時山 山頂

金時山は、前回の反省からもう少し装備を固めて、トレッキングシューズに長袖長ズボン、防寒具、雨具に熊よけの鈴も用意して臨みました。山頂はもうだいぶ風が冷たかったです。綿のTシャツ一枚の人もいましたけど、山頂で休むと冷風で冷やされてかなり寒そうでしたね。私も長袖シャツの上から風よけのウィンドブレーカでちょうどよかったです。歩き出すと暑くなってすぐに脱ぐ事になりましたが。


年内にあといくつか登りたいと思っています。まだまだ初心者向きが良いですね。また丹沢のどこかか、以前から行きたかった大菩薩あたりかな。

COPYRIGHT (c) 2006-2020 ZERO OFFICE CO., LTD. | Powered by WordPress